人気ブログランキング |

A&W1号店へ行ってきました。


b0195119_14215527.jpg


昨日は、夏休み真っ盛りでサッカーの練習も試合も無かった子供が
暇そうにしていたので、ランチがてら家族でドライブしてきました。

丁度お昼時だったので「何が食べたい?」と聞くと
「”マック”みたいなの…」と子供。
「モス?」と聞くと
「そこじゃない」とな。
で、そういえば前から時々”カーリーフライが食べたい”と言っていたな・・・
と思い出したのでした。

もともとファストフードにはあまり行かないのですが
エンダーもしかりで、子供は今回2度目です。
憧れの、エンダー(笑)

今回初めて1号店である”屋宜原店”へ行ってみました。

坂を登って見えてきたお店は、まさに「古き良き沖縄」
こじんまりした建物に比べて大きな駐車場。
外でも食べられるように、テーブルとイスもあって
なんだかほのぼのしています。

店内に一歩入ると、そこだけ外界から切り離されたように
ゆ~~~ったり・の~~んびりした時の流れになっています。
本当に、時計の進むスピードが違うんじゃないの?!って思ってしまうくらい。

私がはじめて沖縄に来た20年前や、30年前にスクリーンに映し出された
衝撃的な沖縄の風景・空間・時の流れ
そういった独特な沖縄の土着性?みたいなものが
ここ数年の沖縄のめまぐるしい変化で、なんとなく薄れてきた感じがします。
人間味が薄く感じられるようになってきたというか・・・
そういう私も、沖縄に来たころは”アレが無い・コレが無い”と騒いでいました。

おしゃれなカフェも便利な全国チェーン店も、あったほうが便利だし楽しい。
無いのも淋しいし、あふれてくると自分が何処にいるのか見失ってしまう。
沖縄を紹介しているおしゃれな本や雑誌にふりまわされて、
自分ももっとお洒落な器を作りたい
工房も、直販店もお洒落にしたい・・・
本来の沖縄を好きになった気持ちからどんどん横道に逸れて行く自分を感じていた時に
久しぶりに入ったエンダーで
あの頃の気持ちを思い出してきました。

もう、あの頃には戻れないし、あの頃の私はただの旅人で
今とは何もかも違っています。

でも、今でもあの頃を思い出せる場を見つけたことで
現在(の沖縄やそれも大好きな自分)の足元を見失わずに
進んでいけるような気がしています。


・・・ただ1つ、エンダーに来て困る事は、だんだんと欲がでてきて
”屋宜原じゃなくって石垣のエンダーに行きたい・・・”
すなわち「八重山に行きたい」という”八重山病”が
再発してしまうこと(苦笑)
何時になったら八重山にいけるかナァ~
by ogusuya | 2013-08-04 14:56 | 日々 | Comments(0)