人気ブログランキング |

サンニンの柄を彫る

web shopの更新作業も大詰めになってきました。
今日中に、不具合等の最終チェックまで出来たらよいのですが…

b0195119_103523100.jpg

今回の通販で、数点ですがご紹介する予定の”サンニンのマグカップ”
作っている方としては、当たり前~と思い込んでいる作業工程ですが
使ってくださるお客様からは、どんな風に作っているのかサッパリ見当もつかないというのが、
これまた当たり前~のことなのだなぁ
ということを、昨年の展示会で感じましたので
以前、作業しながら写した写真をまとめてみました。

b0195119_10413497.jpg

1、まずは轆轤で筒状に作って並べていきます
2、程よく乾いて硬くなってきた所で、側面や底の部分を削ってコップの形にします。
3、その後、手でコネコネして作った持ち手(ハンドル)を本体にくっつけて、そのままだと
  ダラ~ンとハンドルが下がってきて切れてしまうので、下から土をコネコネしたもので
  暫く支えておきます。
4、そして表面が白くなるように泥状の”白化粧土”を内側・外側に時間差をつけてかけて
  程よい硬さになるまで乾かします。
5、そして、いよいよ柄を彫ります。キリなどを使って線を引き、白く残す所はそのまま、
  土の色を出したい所は、専用の道具を使って白化粧土の部分を掻き落としていきます。
6、出来上がり!

その後、素焼き(低温で下焼き)した後に釉薬で塗り絵のように色を塗って、
最後に艶の出る透明釉を器全体にかけて本焼きしたらトップの写真のように出来上がります。

本当は、色を塗っている写真も撮るつもりだったのに、すっかり忘れてしまいました。
次に制作する時に、忘れないように写してまたご紹介しますね。

さて、更新作業に戻りましょうねぇ
by ogusuya | 2014-01-17 10:54 | 制作 | Comments(0)