人気ブログランキング |

カテゴリ:制作( 65 )

b0195119_11354883.jpg

かなり前に何となく作ったお皿を引っ張り出して、
試作?を作って見ました。
商品化するとか、定番にするとか
今は全く考えていませんが、
とりあえず焼き上がりが気になります。




b0195119_10101540.jpg


制作中の4寸のお皿、素焼きして
只今絵付け中です。

撥水剤で模様を描き、約1日置いてから
手ロクロの上でクルクルと回しながら
マンガン釉薬を筆でスルスルっと
塗っていきます。

撥水剤の柄の上にも少し残りますが、
敢えてそのまま焼いてしまいます。

焼きあがると、釉薬の部分は
ザラザラ感のある
マットな茶色になります。

台風の影響で、今日は少し風が強く
陽射しも弱めだったので
そのせいか、午前中はいつもより
涼しく感じました。
とは言っても、湿度は高めなので
エアコンは付けていますが…

さてさて、午後はどうなるのかな?

沖縄地方、8月に入ってからは
日の出が遅くなって来ました。
ついこの間までは、朝の5:30には
結構明るくなっていて、
8時頃には大分暑くなって
“今日も長い一日が始まる…”と
ブルーになっていましたが、
最近は5:30でもまだ薄暗かったりします。

何だか今年はあまり夏!を感じずに
過ごしてしまったような気がします。
海でも行ってみようかな…

数年振りにサンニン(月桃)のカップを作っています。

線刻した後に全面手彫りなので
1個作るのに結構時間がかかって
手も痛くなってしまうので
時々しか作れません。

今回は、作業を少し変えたので
今までよりはスムーズに進んでいますが
今度は目が細かい作業に追いつかなくなって
カップを近ずけたり離したりして
作業しています。

更に、彫るための道具の磨耗が早くって
最後まで持つだろうか…
という新たな懸念事項が急浮上。

b0195119_11075753.jpg


ご無沙汰していました。
ホテルムーンビーチでの陶器市も
無事に終了しました。
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

私は娘がインフルエンザになり、
搬入しか行けずじまいで、
しかもその後インフルエンザを
しっかり貰ってしまい、
親子揃ってギリギリなんとか卒業式に
間に合うという忘れられない
思い出になりました。

式服がかなり昔の物で、
サイズが変わらないのを良い事に
着続けていましたが、
他のお母さん達に混ざって改めて
客観的にみた自分の姿に衝撃を受けて、
急いで入学式用を探しに駆け回ってみたけど、
もう残り物ばかりでサイズが無い…

最後の望みをかけて、近いうちに那覇方面へ
行ってみます。

買えなかったら、今回着た服に
アクセサリーを足して誤魔化してみます。


忙しいこの時期ですが、納品も待った無しなので、ネコ描いてます。


b0195119_10595838.jpg



b0195119_13550310.jpg



















2月も中旬、今年も駆け足で1年が過ぎてしまいそうで
少し怖くなっている今日この頃です。

明日は毎年恒例のホテルムーンビーチで開催される
「おきなわ全島やちむん市」の説明会と場所決めがあります。
どこの場所に出店するかは、くじ引きで決まるので
毎年主人が帰って来るまでドキドキしています。

そんな陶器まつり、今年は3月18日・19日・20日
に開催が決定しています。

・・・ここ数年の在庫数の激減は現在も続いており
当日まで1か月ちょっと、しかも2月は28日までなので
一体どれくらい作れるのか全く未知の世界です。
そんなことを言っている暇があるならさっさと作りましょう!

ということで、現在はお皿を作っています。
(でもほぼ注文の品なのですが・・・)

b0195119_13554326.jpg



















大きく見えますが、直径6.5cmくらいのミニミニ皿。
こんな感じで高台を削り出しています。

何に使うかはお好みで!
ではありますが、例えば・・・
私は刻んだニンニクはできるだけ早くまな板から離したいので
このお皿に入れておくとか、生姜なんかも同じですね。
すぐに飲み忘れるサプリをお皿にいれてテーブルに持ってきておくとか。
紅茶のティーパックの一時置き場にしたり、スプーンやフォークを置いたり
梅干しとかお漬物とかキムチとかそういった箸休めを入れたりね。
 
食事ではなくって、指輪やピアスを入れたり
小さくなった石鹸置きにしてみたり
クリップや画びょうを入れておくのも危なくなくて良いかもしれません。


b0195119_13560804.jpg



















削り終わったお皿はこんな風に発泡スチロールに入れてためておいて
白化粧土→素焼き→絵付け&釉薬掛け→本焼き
という手順を踏んでトップの画像のように出来上がります。

柄は以前作った物の写真を見る時もあるし
片手に持って”う~~~~~~~ん”と
ネタ切れ気味の頭から無理やり絞りだす時もあります(苦笑)

さて、今回はどうしようかな・・・

来月のムーンビーチでのやちむん市にも少し持って行きますので
ぜひぜひ実物を手に取ってご覧くださいね。



b0195119_11024302.jpg


窯、開きました。
これから窯出しして、砥石がけ。
検品をしたあとに、梱包⇨発送の準備に
取り掛かります。

今回私が作ったのは、ミルクピッチャーのみ
緑の釉薬、いつも濃すぎるような気がしたので
今回は思い切って薄くしたら薄すぎた。

他の釉薬との濃淡のバランスが
上手くいったのもあるけど、
緑が消えてしまっているのもチラホラあったな…
基本的に絵付けには緑と青と茶の組み合わせで
他の色はあんまり使っていません。(たまに赤)

でも、濃淡とか上から透明釉を
かけるかかけないかとかだけで、
結構イメージが変わったりするので、
飽きずにここまでやってきています。

b0195119_11024355.jpg


残念な2点。
形も色も結構良い感じに出来たのに…
足元をご覧ください。
釉薬が見事に流れ落ちて、棚板が綺麗な
オーグスヤに‼︎

オーグスヤは溶けやすいので、濃度が
難しいのです。
工房オーグスヤとか言いながら、
オーグスヤの器が少ない所以。

もともとオーグスヤってこういう大物
花器とか右側の嘉瓶(ユシビン)などに使ったり、
マグカップのハンドル(持ち手)とか
パーツの繋ぎ目に巻くようにして掛けたり
(綺麗ってのもあるけど、繋ぎ目って
ヒビが入りやすいので、補強の意味もある)
そんな風に使われる釉薬なんです。

色も綺麗に出すのが難しかったり。
大御所とか釉薬に長けている方々にとっては
何ともない釉薬なのかもしれないけどね。
でも、一番沖縄らしい釉薬って気がするし
色も綺麗なので、これからも挑戦していきたいです。

沖縄は連日30度超えで、クーラーに頼る日が
まだまだ続きそう…とウンザリしていたけど
東京も日中は30度を超える日が
まだあるなんて!(今朝のめざましで言ってた)
そりゃあ沖縄も暑いハズだわ。
北海道は初雪って、日本って細長いのね〜
ってしみじみ思った朝でした。

b0195119_14575234.jpg

窯が冷めるのを待っている間に
焼く前の画像をアップ。

今回は少なかったので、途中までは順調に温度が上がったのに
最後に来て上りが弱く、ちょっと苦戦していました。

ウチの場合、ほとんどの器が絵付けをした上から
透明釉をかけているので、ぜ~んぶがグレーになってしまうんです
絵付けをしただけの状態ならば、もっと色んな柄を見てもらえるし
にぎやかな写真になるのにな・・・

ちょっと残念。

窯から出せるのは、明日になりそうです。

久しぶりに喉がいたくて、風邪のようです。
身体が重ダルい。
b0195119_16525639.jpg



秋の恒例 「壺屋焼 陶器祭り」まで
いよいよ1ヶ月を切りました!

今年は定番モノが多くなる⁉︎

昨夜から今朝にかけて
窯焼きしましたが、祭りまで
あと何回焼けるかな〜?

台風から変わった低気圧の影響で
朝から雨の1日。
肌寒い沖縄です。
…もうそろそろ台風も終わりかな?
今年は直撃が無かったので
大分助かりました。

さて、もう一仕事頑張りましょうね〜




b0195119_903554.jpg


ネコのマグカップ、中くらいのサイズを
作っていなかったので試しに
作ってみたところです。

それと、最近ネコばっかりなので
違った雰囲気の新しい何か…
で絵付けしてみましたが
カップの形と柄があんまり
合っていないような気もします。

取り敢えず焼いてみますね。
b0195119_9203771.jpg


小鉢にネコの絵付け中。
一番小さいサイズなので、
器の外側にネコを描くと子猫になってしまいます。
そんなワケで、器の中に描いています。

これが結構描きにくい
右肩と右の肩甲骨がこってイタタ…

午前中は何とか耐えられる暑さなのですが
午後からはかなり厳しい我が家の工房。
さて、そろそろ冷房つけましょうね〜